小籠包の「ぽー」ちゃん。中国語、日本語ではりきってるぽ

小籠包のゆるきゃら『ぽーちゃん』をご覧くださいませ~

こう見えても、好き嫌いはないぽ。甘いものも大好きだぽ~

薄紅のコスモスが、秋の日に咲いていきますよね…

見知らぬ人から、これを言われても、乗ったらダメぽ。

絵本…は、子供たちだけでなく、いろいろな人の琴線に触れることができると思うぽよ。

何をもって「国」と認めるか…というのは、非常にナイーブな問題ぽよね…
皆が笑顔でいられるように願っているぽ。

風呂入るんだぽ!宿題やるんだぽ!歯磨くんだぽ~!

勝手に応援都市:
千葉県白井市
 

白井市は「しろいし」と読むぽ。
白井市といえば、やっぱり「梨」は、はずせないぽよね。

仙人?妖精?がモチーフになって、変身してみたぽよ。

あのポルトガルの「マゼラン」さんが、「マゼラン海峡」を通過して太平洋に出た日だぽ…
今では普通の「地球は丸い」が…当時ではまだ、信じられていなかったぽよね…

中国語になると…「真実は、永遠に一つだけ」というニュアンスぽよね。

家具…組み立てようと思っても、なかなか難しいぽよね。
1時間~とか書かれてても、3時間くらいかかるぽ…

誰かと約束した後に、気軽に使ってぽ。
「会えなかったら、その場所を離れないからね」というのが、直訳ぽ。

いろいろなものを食べて、しっかり栄養補給したいぽ。
プルーンは「セイヨウスモモ」とも呼ばれているぽよね。

男女を問わず、暴力はダメぽ。暴力は根絶していきたいぽよ…
「ひとりで悩まず、まず相談を…」ぽよ

11(いい)24(にんじん)と読めるぽよね。
冬にんじんは、夏にんじんと比べて、栄養素…特にベータカロテンなどが豊富だぽよ。
好き嫌いなく、しっかり食べていこうぽよ~

寒くなってくると、おでんぽよね。
おでんに、小籠包なんて、入れることができないぽよね…
すぐに、ぐずぐずになってしまうぽよ。

やっぱり、あまり好きじゃないものは、あるんだぽ…
あなたの嫌いなものはなんだぽ?

何する3ぽ~…なんて言い方、全国区なのかぽ?

日本でも…一応食べられるけど…やっぱり、本場で食べてみたいぽよ。
やっぱり、違うと思うぽよ~

「また明日」って、良い言葉だぽ。明日会う約束をしてるぽよね。

外が暗いと、よく見えないぽ…ガラスが冷たくて、気持ち良いぽ。

う~ん…ここまで出てきてるぽよ…ここまで…

11(いい)23(風味)と読めるところから、今日はゆず記念日だぽ。
高知県が、生産日本一だぽよ

1958年の今日、東大阪市に回転寿司1号店ができたぽよ。
円広志さんの名曲なんて歌わないぽよ~

10人の人に挨拶をして、世界仲良くしていきましょ、という記念日だぽ。
平和を保っていきたいぽよ。

でも…おこたは、やっぱり人をダメにするぽ…

かんぶつ…
干物の「干」が「十」「一」
乾物の「乾」が「十」「日」「十」「乞」になるぽよね?

組み合わせて…「11月20日にかんぶつを乞う」となったぽよ。
漢字って面白いぽよね

日本語では、この言葉で体良く断られてしまうぽよね…

すっぽり収まってしまうしまうぽよ。ちょっと居心地がいいぽよ~

この「次」というのが、けっこうくせものだぽ。
今は「回」とそのまま言う言い方も広まってきてるぽよ。

世界では、3人に1人がトイレを使えていないぽよ。
日本では普通の「水洗トイレ」…あるのが当たり前になっているけど、感謝ぽよね。

1 6 7 8 9 10 14
▲TOP▲