TOP > ひとこと中国語

この「次」というのが、けっこうくせものだぽ。
今は「回」とそのまま言う言い方も広まってきてるぽよ。

日本・中国では、謙遜の美徳…が、通じるぽよね

私もそう思うぽよ~異議があったらはっきり言うぽよ。

「聖」なる「誕」生「日」(節)という感覚ぽよ。
カタカナではなく、こうして漢字を見ると、なるほど…と思うぽよ。

「砿」という漢字が、日本語の中に、一応あることはあるぽよ。
中国語のこの意味と同じような意味だぽ。

日本語だと、すぐにカタカナで表現してしまうぽ。
「工」を「打つ(する)」で、アルバイトを表現するぽよ。

毎日がんばってると、そりゃ、疲れるぽよね。
疲れた時はゆっくり休むぽよ…

「知らない」という意味で用いられることが多い、この言い回し…
「わからない」という意味でも、用いられるぽ…

中国語に触れたことがある方なら…まぁ耳にしたことがあるぽよね?

この壁を乗り越えてこそ、中国…だぽよ…

北京語では「ちゅうちぃ」のように聞こえるっぽ。
でもでもでもでも…広東語だとあら不思議…「クッキー」っぽく聞こえるっぽよ~

どうしようかぽ…うーむ…

と、悩むときは、ぜひぜひ、これを使ってぽ

日本語だと、7文字…中国語だと2文字で済んでしまうぽ…すごいぽ…

「また、都合を教えてぽ」
というのは、「何か知識を教える」のではなく「単に話す」意味ぽよね。

そういう時に使ってほしいぽ。

ここ数年、イベントとして、ちゃんと定着してきたぽね。
ただのコスプレイベント…じゃなくて、イベントの本質も知りたいっぽね。

あなたの趣味は何ぽ?
趣味は、中国語だと「愛して」「好む」もの、なのかぽ?

あなたの趣味も教えてほしいぽ~

日本の通勤ラッシュ…
噂には聞いてたけど、ここまでとは、予想もしてなかったぽ…

これ、非常に使える単語だぽー

これを使うだけで、これから「逆説」を話すということが相手にわかるんだぽー

この二文字で、「ブラブラする」というのも、なんだか、想像しにくいぽ…
二回繰り返して使うと、幸せになれるかもぽ~

ま、これは、文字を見たら、なんとなーくわかるぽ~
こういうところは、日本語のアドバンテージだと思うぽよ。

どういたしまして…

「ありがとう」と言われても、日本人は、「どういたしまして」とは、あまり言わないぽ…
中国語では、ほぼこれを言いますので、ちゃんと切り返してほしいぽ~

▲TOP▲